高3受験当日まで(英語長文読解のコツ)

大学受験で避けて通れない鬼門「英語長文読解」対策には、適した勉強法があったのです。英語の長文読解は各大学でも点数の比重が大きく、合否を分けるポイントになります。

対策しなければいけないとは知りつつ、苦手意識があってどうしても手がつけられずにいる受験生の皆さん、今ならまだ間に合います。英語の長文読解を攻略するには、コツとなる勉強法があります。英文が驚くほどスラスラ読めるようになるコツを、ポイントを絞ってご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

長文を読む際、英単語は必ずマスター!

大学受験の中でも英語の長文は、独自の勉強法で攻略するには限界があります。英語長文が苦手な方に多い特徴、それは語彙(単語)の少なさです。当たり前のことですが、英文はいくつもの英単語・熟語から構成されています。単語を知らずして長文読解はできません。

英単語のマスターに求められるのは暗記です。「確実に覚えた」「まだ覚え切れていない」単語を日々ジャッジし、自分なりの英単語リストを更新していきましょう。入試直前に見直せる、自分だけの単語帳ができるはずです。

英単語を覚えるほど、初見の英文が読み易くなります。キーワードになる単語を知っているだけで、英文全体の理解がスムーズになるため、
英単語の学習はやればやるほど効果的です。一つの単語を調べる際は、派生して同意語や反意語も調べると効率よく数を覚えることができるでしょう。英単語がしっかりと身に付くと、英文読解の更なるおもしろさに気が付くことができます。

英単語の次は英文読解!まずは今のレベルをしっかり把握しましょう!

大学受験英語で、長文を攻略するためには勉強法にもステップがあります。まず基礎となる英単語・文法の知識がついたら、次に一般レベルの英文を読みましょう。

第一は、自分のレベルを知ることから始めます。市販されている一般レベルの長文読解問題集を1冊仕上げてみましょう。これは自分の弱点を知るためのものなので、スピーディーに解答を進めるだけでなく、長文を読解しながら、自分の現在のレベル、苦手分野は何なのかを探っていきます。

内容把握は得意だが文法問題が苦手、英文の精読は得意だが時間がかかるなど、英文読解の弱点は人それぞれです。特に英文読解問題を解き終えた後に、どれだけしっかりと復習できるかが読解力アップのポイントです。

英文の中で出会った未知の単語の意味を調べる、選択肢で誤りだったものはどこが誤っていたのかを理解するなど、復習を疎かにせずに取り組めば、問題集一冊でかなりのレベルアップ・読解力アップが見込めるでしょう。

合格まで効率命!時間をうまく使うテクニックをご紹介

「大学受験まで時間がないが、今から英語長文をマスターする勉強法がどうしても知りたい!」「こんなことならもっと早くに始めればよかった!」と感じている方も、決して諦めてはいけません。じっくり取り組む時間がない方は、さらに効率を意識して英語長文を攻略しましょう。

短期間で英語長文を攻略し、合格を掴む最大のポイントは、何といっても「とにかく多くの長文問題をこなすこと」です。英字新聞を読んだり、本を読んだりしてじっくりと語彙力・読解力を養っていければとても良いですが、入試まで時間がない段階で学習を始める方は、志望大学の過去問題プラス、志望大学入試レベルの問題集を選びましょう。

また、過去問研究は事前に行い、必要なスキルを意識して伸ばすこともポイントです。「英文のテーマに偏りがないか」「文法問題と内容把握問題がどのようなバランスで出題されるか」などをしっかりと調べておきましょう。例えば、精読よりも時間内に解く・スピード重視なら、英文内容をいかに早く把握するかという点を重視して、どんどん数をこなしていくのも良いでしょう。できる限り並行して、英文の中で出会った熟語や単語も覚えましょう。

自分の志望するレベルにあった問題集もポイントですが、合格を目指すなら志望大学の過去問題に勝るものはないでしょう。また、これと決めたら試験日までにどのようなスケジュールで進めるか・時間等を決めておくと、漠然とした不安が和らぎ、学習に専念できるようになります。

大学受験の英語長文は、合格を左右する鬼門と言え、勉強法も様々なアプローチが考えられます。しっかりと対策をすれば合格に結びつきやすく、英語のおもしろさも感じられます。ご紹介した学習のコツを参考に、ぜひ合格を手にしてください。

Have something to say?

(No worries, we will keep your email safe! Also, make sure you fill in email and name fields before posting a comment.)