英語長文 勉強法

大学受験の英語長文対策の勉強は非常に難しいものだと思います。英語長文読解は単語や文法問題とは異なり、暗記すれば、覚えればいいというものではないからです。
英語を1文だけ読むのと、長文を読むことの大きな違いはなんでしょうか。単語や文法の知識はどちらも必要となりますが、英語長文を読む場合はその二つに加えて文脈を読み取り文章全体を俯瞰する能力が必要になります。これは現代文などで培われるものです。英語長文が苦手という人は、現代文も苦手な人が多いです。苦手ではなくても、現代文のテストの点数が安定しない人も実は文章全体を俯瞰する力が不足しているのです。

単語や英文法は出来るけど長文になるとうまく行かない人は、国語の現代文の問題を解く練習をしてみましょう。英語の成績を伸ばすために国語の現代文を勉強するのは一見おかしなことですが、実はとても良い勉強法なのです。私は塾講師として働いていたことがありますが、そのとき教えていた中学生にも、3つのことを注意して現代文を解くよう教えていました。皆さんもきっと教わったことがあると思います。
1.「しかし」「なぜなら」「つまり」などの接続詞に気をつけること
2.段落ごとのつながりを考えること
3.指示語の内容を理解すること。
現代文を解くときに必要なこの3つのポイントは英語長文を読み解く上でも同じように重要なのです。文脈の流れを分かりやすくする役目のある接続詞の事を英語ではディスコースマーカーといいます。英語長文を読むときも「but」「however」「because」「in short」などのディスコースマーカーが出てきたときにはチェックをつけながら読み解いていくと、文章全体の流れを掴みやすくなります。そうすることで、段落(パラグラフ)ごとの内容がどのようにつながっているのか理解しやすくなるのです。

現代文を読み解く勉強になれてきたら、実際に英語長文の読解問題を解いてみましょう。テキストやテスト問題で使われる英語長文は非常に簡潔な文章構造が多いので文章全体を俯瞰する現代文の力を英語に応用するのはそこまで難しくないと思います。英語長文問題を解くときに大切なことは、間違えた問題があった場合の勉強法です。大体の解答には全訳や詳しい説明が載っているため、特に選択問題などでは答えだけ確認して分かった気になって勉強を終えてしまうこと多いです。それではもちろん英語長文を解く力は身につきません。解説を読む前にもう一度自分で文章を読み直して、どの部分で自分が読み間違えてしまったのかを確認する必要があります。読み間違えの原因が前のパラグラフにあるということもよくあります。その場合はその部分まで遡って復習しなければならないのです。

現代文の力がついてきて、実際に英語長文を勉強しはじめる人にオススメの勉強法なのが英字新聞です。今ではインターネットで探せば無料で閲覧できるものも多くあります。そういったものを教材として使い、15分だけでも良いので毎日英語長文に触れることが大切です。この勉強法で気をつけるところは、ダラダラと続けないことです。出来るだけ速く読み進めていきましょう。実際の試験では時間制限が大きな壁となります。速読のトレーニングも兼ねておこなうことが英語長文の勉強法では大切なのです。

文章全体を読み解く力がついてくると、分からない単語が出てきても意味を類推することができるようになります。英語長文を読んでいると、必ず意味の知らない単語や熟語が登場します。それが20個とか30個ある場合は単語の勉強不足ということになりますが、数個程度であるときは勉強不足/a<>というよりも出題者が単語の意味を類推で考えさせようとしている場合が多いです。文章全体の流れを理解することで、分からない単語や熟語が出てきても対処できるのです。

Have something to say?

(No worries, we will keep your email safe! Also, make sure you fill in email and name fields before posting a comment.)